ペット火葬を執り行うときの服装で注意すべき点は?

ペット火葬を執り行うときの服装で注意すべき点は?

ペット火葬では人間の葬儀とは異なり、明確な喪服などは決められていません。
どのような服装で参加してもマナー違反ではありませんが、飼い主の気持ちを考えた服装を選ぶのが良いでしょう。
ペット火葬が行われる場所によっても選ぶべき服は異なります。
ペット葬儀を専門的に行っている霊園の場合には、明確に喪服を着用する決まりはありません。
派手すぎず落ち着いたトーンであれば、通常の服で参加しても問題ありません。
自身が飼い主である場合には、ペットが好んでいた服や思い出のある服での参加も可能です。
人間が使用している斎場などの場合は、ペット火葬であってもできるだけ地味な衣服を選ぶことをおすすめします。
黒やグレーを基本としたカラーが最適です。
人間も使用している斎場などは、故人を見送る遺族や通常の葬儀のための参加者も訪れます。
他の葬儀の参加者に不快な思いをかけることがないように、斎場であっても違和感のない服を選ぶのが基本でしょう。

ペット火葬での持ち物と持っていく際の注意点

大切なペットの火葬は冷静に判断できないことが多く、様々なことに目が向けられないことが多いです。
ですがしっかりとお別れをするためにもペット火葬の際に必要なものを事前に把握することが大切になります。
後で持っていけばよかったと後悔することがないようにするには冷静に考えることが必要であり、リストを作っておくと便利です。
持ち物ではまず数珠やハンカチを用意します。
ペット火葬においても人間と同じように合掌礼拝を行うので、数珠が必要であり、ハンカチも必要となります。
このほかカメラやペットが好きだったおやつ、お花などがあげられます。
なおおやつは袋ごとあげることはできません。
袋から出して口元に置くことができるので、袋は持ち帰るか事前に出した状態で用意をしておくようにします。
ペット火葬の持ち物の注意点としては、洋服や首輪を入れる袋を用意することがあげられます。
人間と同じように首輪などは一緒に燃やすことはできません。
洋服もまた火葬に影響が出ることがあるので、持ち帰るための袋が必要となります。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の豆知識

このサイトでは、はじめてペット火葬をする飼い主に豆知識を解説しています。 ペットの火葬は人間のような厳しいルールがあるわけではありません。公営火葬では「処理」となるので、供養という意味では望まないものになる可能性もあります。 事前知識なしに火葬を依頼してしまうと、思っていたのと違った、きちんと供養してあげられなかったと後悔を残すことになります。あの世で幸せになってほしいと願うのなら、正しい知識をもって供養してあげましょう。

Search