依頼する前に知っておきたい基本!?ペット火葬の豆知識を分かりやすく解説!

このサイトでは、はじめてペット火葬をする飼い主に豆知識を解説しています。
ペットの火葬は人間のような厳しいルールがあるわけではありません。
公営火葬では「処理」となるので、供養という意味では望まないものになる可能性もあります。
事前知識なしに火葬を依頼してしまうと、思っていたのと違った、きちんと供養してあげられなかったと後悔を残すことになります。
あの世で幸せになってほしいと願うのなら、正しい知識をもって供養してあげましょう。

依頼する前に知っておきたい基本!?ペット火葬の豆知識を分かりやすく解説!

ペット火葬を執り行う業者は全国に存在します。
どのくらい真摯にペット供養に取り組んでいるのか、どんなサービスを行っているのかは業者ごとに異なります。
そのため、近場だからや価格が安いからという理由だけで安易に依頼してしまうのはおすすめしません。
また、はじめてのペット火葬だと服装は?マナーは?など分からないことも多いでしょう。
人間の葬儀のように厳しいルールやマナーが決まっているわけではないからこそ、迷ってしまいます。
事前に知識を得て、後悔のない業者選びをしましょう。

ペット火葬の火葬時間はペットの種類や大きさなどで変わる

ペット火葬を行う際に、どれくらい時間がかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか。
どれくらいかかるのか事前に知っておけば安心です。
火葬するにはおおよそで60分程度かかります。
しかし、ペットにはいろいろな種類がおり大きさもさまざまです。
そのため、種類や大きさなどによっても変わります。
ハムスターなどの1kg前後のペットは30分程度、猫や小さいサイズの犬など3kg前後なら45分程度、7~15kg前後の少し大きな猫や犬は60分程度、15~25kgの中型から大型の犬などは90分程度、25kg以上のペットになると120分以上かかります。
ペットの大きさが大きくになるにつれて、火葬は長くなると思っておきましょう。
ただし、これはあくまでも火葬のみで、葬儀やお骨上げなどの時間は含まれていません。
また、合同葬儀や個別葬儀などプランによっても変わってくるので、ペット火葬をする際は余裕を持ったスケジュールを組んでおくことが大切です。

犬の種類や大きさ事のペット火葬の時間や費用相場

犬を飼っている方が多くいるはずです。
可愛い姿で癒してくれますし、子供の情操教育にも良い影響を与えることができます。
ただ、動物も寿命があるのでいつかは亡くなってしまいます。
亡くなった場合はペット火葬を利用すると思われますが、どういうものなのか分かっていない方が少なくないのが現状です。
ペット火葬は合同や個別、訪問などがあります。
費用相場は火葬の種類や体重によって異なります。
5㎏までの場合は16000円から23000円、10㎏までは20000円から27000円、25㎏までは30000円から37000円くらいが相場です。
サービス内容や手軽さなどを比較して、自分に適したペット火葬を選ぶことが重要になります。
サービスがしっかりしていることを重視するのであれば個別火葬が適していますし、簡単に火葬を済ませたい方には訪問火葬がおすすめです。
費用相場よりもっと安いところがありますが、安さだけで決めるのは避けた方がいいです。

愛猫のペット火葬は45分から1時間程度が目安

ペット火葬を行う場合、ペットの大きさによって待機時間が異なります。
猫の場合は45分から1時間程度が火葬にかかる目安となるでしょう。
かわいがっていた猫の体重によっても、ペット火葬の時間は前後します。
一般的にはペットの体重が3キロ前後の場合は45分、7キロから15キロ程度なら1時間、15キロから25キロでい1時間半程度と必要となる時間は延びていきます。
ペットの体重が重かった場合には予想以上の時間がかかる可能性について考慮し、余裕を持ったスケジュール管理や待機を行うことをおすすめします。
また、体重だけではなく炉の種類の違いでも時間は変わってくるでしょう。
国内の炉は台車式とロストル式が中心で、台車式の場合は棺を台車に乗せたまま行ないます。
一方でロストル式は格子に棺を乗せて火葬するのが特徴です。
日本では台車式が中心ですが、燃焼時間はロストル式が上回ります。
ペット火葬については移動車で火葬を行う例も増えています。

ペット火葬には合同葬や立ち会い葬などの種類がある

ペットが亡くなる場合は、飼い主さんはうろたえてしまいがちですが、落ち着いてお別れの準備を進めていきましょう。
ペットの埋葬は、自宅でも難しくなっており、最近はペット火葬を選ぶ人が増えています。
ペット火葬をすれば、遺骨を霊園に埋葬することもできますし、骨壺などに入れて自宅で供養することもできます。
ペット火葬にも色々な種類があるので、まずはそれぞれの違いを知っておきましょう。
立ち会い葬は飼い主さんが火葬に立ち会う方法です。
人間と同じように葬儀が行われることも多く、お骨上げも飼い主さんが行うことができます。
収骨後の遺骨は骨壺や骨袋に入れて飼い主さんに返されます。
立ち会い葬は個別で行われることが基本ですが、合同葬を選ぶ飼い主さんもいます。
これは個別ではなく、よその家のペットと一緒に火葬をするスタイルです。
一度に複数のペットに対応できることもあり、費用は安くなります。
そのかわり、返骨は難しくなるので遺骨を残したい場合には向いていない方法

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の豆知識

このサイトでは、はじめてペット火葬をする飼い主に豆知識を解説しています。 ペットの火葬は人間のような厳しいルールがあるわけではありません。公営火葬では「処理」となるので、供養という意味では望まないものになる可能性もあります。 事前知識なしに火葬を依頼してしまうと、思っていたのと違った、きちんと供養してあげられなかったと後悔を残すことになります。あの世で幸せになってほしいと願うのなら、正しい知識をもって供養してあげましょう。

Search